FC2ブログ
透析生活20
2008年7月から在宅血液透析を始めました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CKD講演会つづき
2番目の講演 「血液透析・腹膜透析・腎移植の療法の概要について」

2度目の腹膜透析のときにお世話になった先生が担当でした。
私が在宅血液透析を始めたことを知っていて、声をかけてくださいました。
興味があるらしく、いろいろと聞いてきました。

主にそれぞれの治療法の基本的なことを話しておられましたが、
大事なことは、透析が嫌だからといって、先延ばしにしないこと、がまんしないことを言っておられました。
タイミングを逃すと、透析導入後もあまりいいことはないと。
また、最近の透析は、技術が進んでいるので、安心だということも話しておられました。


そのあと、患者さんから体験談の発表です。
血液透析、CAPD、移植の3人が、透析を導入、または移植するまでの過程、どのような気持ちだったか、現在の様子を話されました。

その血液透析の体験発表者ですが、うたさん、私、あともう一人の3人が、ほとんど強引に選ばれて、3人で話し合って決めろみたいな感じで言われて、どうしようかと思っていたところに、、、うたさんがやってくれて、、、
本当にうたさん、お疲れ様でした。


そういえば、自分が透析になるって言われたとき、どうだったかなって考えてみました。

病院とつながっている養護学校に通っていたのですが、腎機能がどんどん悪くなり、むくみがひどくなって、身体がきつくなってきたときに、、
医者から「今、新しい透析方法できたんだけど、それやってみる?今までの透析と違って、何でも食べられるし、制限はほとんどないよ。」と言われ、その甘い言葉につられCAPDをはじめました。
当時は、CAPDが出始めのころで、あまり詳しいことがわかっていなかったと思います。
最も画期的な方法として、とりだたされていました。
学校に早く行きたいのと、身体が早く楽になりたいというのもあり、すぐに飛びつきました。

当初は、医者のいうことを鵜呑みにして、ほとんど制限なしに、無茶をやってました。
また、病院もほとんど学校の寮みたいなものですから、野放し状態。
それは、それで楽しかったんですけどね。

でも、透析に入ったときは、すごく身体が楽になったのを覚えています。
正直ほっとしました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 透析生活20 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。