FC2ブログ
透析生活20
2008年7月から在宅血液透析を始めました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
技士訪問3
技士の訪問3回目となりました。

6月透析準備、7月透析中、とみてきて、、8月は透析終了を確認します。

これでひととおり最初から最後までみたことになりますが、あとは透析のどのタイミングで来るかわかりません。

今回、透析終了時ということで介助である母に抜針から手伝ってもらいました。
久々の手技確認に母も技士2人の視線に、かなり緊張していたようです。
私にもビシバシ伝わってきました。

回路から針をはずし、コネクタを使って回路同士をつないで排液を開始するのですが、その際、注意がありました。
針を入れる容器(透析液の空容器)に針を押し込むとき、直接手を入れてしまい、もし針が刺さったら大変なことになりかねないので、それは鉗子など何か道具を使うなりして押し込んだほうがよいと言われました。

母の手技についての指摘はその1つだったので、少し安心していたようです。
かなり、注意されるのではないかと覚悟していたらしいです。

私の透析準備のときの訪問のときは、けっこうチェックされましたからね、、、


透析終了後は、業者さんがきて、RO装置のフィルターを交換しました。
ここ何ヶ月間、フィルターの差圧が高くなってきていたので、気にはなっていたんです。

交換したフィルターを見せてもらいましたが、すごい色でしたね。。。
でも業者さんから言わせれば、思っていたより、汚れていなかったとのことでした。

水質が良くなって、いい透析ができそうな気がします(^_^






スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
手技確認は・・・
ホントに緊張しますよね~。
指摘を受けたくないから、特に慎重になります。
私は普段スタッフと接することが多いからそうでもないんですが
母は毎月胃が痛くなってます。
結局、あんまり注意されることはないんですけどね。

また来週は手技確認です~。
月1回じゃなくてもう少し間隔があくといいんだけどなぁ。
2010/09/04 (土) 11:08:14 | URL | Rumina #-[ 編集]
>Ruminaさん
緊張しないようにいつもと同じようにすれば、細かいところ指摘されますしね~。慎重になりすぎれば、普段できてるところミスったりするし、、、ホントうまくいかないことが多いです。
でも、マンネリ化防止にも手技確認は必要ですよね。

私の母もスタッフからは母の性格を知ってか知らずかあんまりきびしく言われたことないので、今のところ安心しています。

私も来週あたり9月の訪問です。。。あっという間ですね~
2010/09/05 (日) 10:44:10 | URL | yany #aEmTB4nk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 透析生活20 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。