FC2ブログ
透析生活20
2008年7月から在宅血液透析を始めました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先生とお会いできました!
透析患者でもあり、透析医でもある、山羊先生こと、鈴木一之先生にお会いすることができました。
みなさんご存じかと思いますが、「しっかり透析のヒケツ」の著者でもあります。

なんと、私の通っている病院で透析するという情報があったのです!

前日に札幌で鈴木先生の講演会があったのですが、臓器移植キャンペーンにより出席できないので、できれば、少しでもお会いしたいと思い、主治医のほうから前もって連絡してもらいました。


私はネットや青年部の勉強会を通して先生のことを知っておりましたが、私のことは先生にとっては見ず知らずの人間です。
前日の夜から、緊張してあまり眠れませんでした。


先生が透析をされる当日。
ロビーで先生をドキドキやらワクワクやらで待ち構えてました。
本の絵と同じ、ひげを蓄えたかたが現れました!
山羊先生だ~!感激ですね。


初対面なのに、先生は気さくに話してくれました。

最初は、ロビーでお話ししていたのですが、透析に入ってからも大丈夫だよと言ってくれまして、お言葉に甘えてベッドの隣でお話しすることに。


ちょうどお会いする前にボタンホールの話をしていたので、シャントについて、聞いてみました。
先生のいうふた瘤ラクダにまさになっているのですが、ボタンホールは血管壁がある程度厚くないとだめなので、少し難しいのではないかと。
触っていただいて、上腕部のほうも少し狭窄気味になっているともいわれました。
前腕部の以前に作っていたシャントも、静脈がいい状況なので、再度作り直しができるのではないかといわれました。もちろん、動脈が大丈夫であれば話ですが。
主治医とも、相談してみようと思います。

透析の回数、時間についても聞いてみました。
今のところ、週15~18時間やっているといいましたが、週20時間はやったほうがいいとアドバイスをいただきました。

先生が書かれた本には透析量についていかに大事かということをわかりやすく書いてあります。
それを直接お話ししていただき、一層、実践してみようという気になりました。

ほかにもいろいろ、先生のこと、北海道旅行のことなどお聞きすることができ、
かれこれ1時間くらい付き合っていただきました。

先生はやさしい語り口調が印象的でした。


お疲れだったと思うのですが、あれこれ質問してしまい、それに大変丁寧にお答えしていただきまして本当にありがとうございました。


私にとって、とても貴重なひとときを過ごさせていただきました。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
山羊先生に、お会いしたんですか!!

しかも、直接アドバイスまで・・・。

羨ましいですね・・・。(^^)
2010/09/30 (木) 22:59:41 | URL | バンザイ #-[ 編集]
>バンザイさん
すっごい緊張しましたけど、先生は緊張をほぐしてくださるかのように穏やかに話してくださいました。

先生とお会いできたことに心から感謝しています。(^^)
2010/10/01 (金) 08:18:51 | URL | yany #aEmTB4nk[ 編集]
旅行直後にのぞいた時には、記事が無かったので、間延びしたレスになってしまい、すいません。

まあ、実物は大したことが無かったと、思われなくて、幸いでした。主治医の先生への御挨拶をそっちのけで、お話をしてしまいましたが、D先生のご機嫌は大丈夫でしたか?

家庭透析になりますと、ネット上は別として、他の患者さんとのコミュニケーションが少なくなりがちなので、不安になることも多いかもしれません。何か気になることがありましたら、いつでも声をかけて下さいね。
2010/10/03 (日) 18:34:57 | URL | 山羊 #nLnvUwLc[ 編集]
>山羊先生
先生、コメントありがとうございます。

あのときは、旅行でお疲れになっているというのに、お話につきあってくださり本当にありがとうございました。
先生からの貴重なお話をゆっくりとかみしめて過ごそうと思います。

主治医とは明日会う予定なのですが、先生とお話できたことで、かえって喜んでおられると思いますよ。

やはり家庭透析をやってますと、ネットに助けられることが多いので、もう少し、私の周りでも増えてくれればいいなと思っています。

これからも、よろしくお願いいたします。
2010/10/04 (月) 11:25:19 | URL | yany #aEmTB4nk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 透析生活20 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。