FC2ブログ
透析生活20
2008年7月から在宅血液透析を始めました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一週間が過ぎて
東北地方太平洋沖地震から1週間が過ぎました。

震災に遭われた方にお見舞い申し上げます。

連日のテレビの報道で、胸が痛くなり、涙があふれます。


私の住んでいるところでは軽い揺れを感じたくらいで、何事もなかったかのように普通に透析ができています。
在宅透析のほうも問題なく、できています。

現地の透析患者さんはどのような状態なんだろう?無事なのだろうか。
とても心配です。
去年、お会いした鈴木先生が無事であるかとても心配でしたが、ある掲示板でコメントされており、ホッとしました。
また東北の友人や、東京の友人にも連絡がつきこちらも胸をなでおろしています。

あるところでは、透析時間が24時間体制になり、効率の悪い透析になってしまい厳しい自己管理をしないといけない状態らしいです。

北海道でも、けっこう透析施設の受け入れができているようですね。


この事態が早く終わることを願ってやみません。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
その後
こんにちは。ご心配をおかけした様ですが、だいぶ落ち着いてきたので、今日はあちこちのサイトを覗いています。

当方のクリニックは、月曜日から透析を暫定的に3時間で開始、木曜日から4時間に変更、何とか今週中には「元」にもどせるかどうかというところです。私自身は、疲れは多分あると思いますが、総論的には「しっかり食べて、しっかり抜く」に戻りつつありますので、ご安心を。

ところで、その後、ボタンホールの穿刺の具合はどうですか?順調に行っているのでしょうか。昨年お話をうかがった印象では、問題はバスキュラーアクセスだけだろうという感じでした。新しくアクセスでの、自己穿刺、うまくいくことを祈っています。
2011/03/20 (日) 18:08:01 | URL | 山羊 #nLnvUwLc[ 編集]
HHDのありがたみを感じてます
今回の震災は阪神淡路の時の1000倍以上のエネルギーだったとか。恐ろしい威力です。
その結果が,あの津波。連日の報道でいつの間にか(人工的な)映画でも見ているようでした。
想像はしていましたが,報道される透析医療をはじめとした医療スタッフの賢明なご努力にはなんと言っていいのか・・・ご無理はされているでしょうが,壊れないで戴きたいです。本来なら長期入院させるはずの患者でも,早期退院させざるを得ない。透析時間を2.5時間しか維持できない。それが現実だと聞かされ,真にHHDのありがたみを感じています。
ボタンホール穿刺は・・・未だにへたくそです。ホールまでの道筋が早く治癒しすぎるようです。
2011/03/21 (月) 11:48:24 | URL | zero #aYDccP8M[ 編集]
安心しました
>山羊先生
ご無事で安心しました。他の掲示板で先生の無事は知ることができたのですが、コメントをくださり、それが確信に変わり本当に安心しました。
最初は最低限の透析で、大変だったんですね。でも、そちらの透析も徐々に「しっかり透析」に戻ってきているときき、ほっとしています。何よりもたくさんの患者さんを預かっている先生がほっとしているでしょうね。

ボタンホールですが、順調にいっています。ただ、自己穿刺の練習をしているのですが、なかなか手ごたえがつかめない日が続きました。でも、今日、ようやくコツみたいなものをつかめたみたいで、何とかできそうです。あたらしく作ったバスキュラーアクセスは、昨年先生とお話したとき、血管を見てくださってまだ使えそうかなと助言してくださったことがきっかけだったんです。ありがとうございました。

大変な時にいらして頂き、どうもありがとうございます。どうぞご無理はなさらないでくださいね。
2011/03/21 (月) 22:19:27 | URL | yany #aEmTB4nk[ 編集]
感謝しながら
>zeroさん
こんにちは。
津波、私も映画のCGでもみているかのようでした。でも、現実だとわかったとき今までかんじたことのない恐怖を感じました。

透析医療スタッフのかたは少しでも早く正常な透析に戻すため大変な努力をしておられますね。また、現地の患者さんも最低限の透析で、なおかついつも以上のきつい自己管理をしなければいけません。
こんな中、私は普通に在宅透析でしっかりした透析をすることができます。私もありがたみを切実に感じます。

ボタンホール、話では簡単そうに聞こえたのですが、手ごわいですね。ようやくコツがつかめたかなと思っていますが、完全になってから在宅でボタンホール穿刺をするつもりです。
zeroさんはボタンホールの道筋が再生しやすいんですね。今のところ自分にはまだありません。
2011/03/21 (月) 22:35:21 | URL | yany #aEmTB4nk[ 編集]
家庭透析とライフライン
>yanyさん、zeroさん

家庭透析は、病院など施設の事情とは関係なく、自由度が高いため、より良いスケジュールの透析がしやすいことは確かです。

ただ、今回の震災で思ったのは、個人宅で行う家庭透析の場合、医療施設と違って、ライフラインを早く復旧してもらうとか、給水車で特別に回ってもらう(タンクがあるのが前提)とか、そういう点では不利になる可能性があることです。

万一の場合の対策などについて、主治医と、よく相談されておくことを、お勧めします。
2011/03/22 (火) 17:45:53 | URL | 山羊 #nLnvUwLc[ 編集]
災害時の対策
>山羊先生
そうですよね。

今回のような大きな地震ですと、おそらく、在宅は難しく、病院でお世話になることになるでしょうね。
ライフライン復旧、個人宅を特別になんてことには簡単にはならないですし。やはり、大災害のときはどうなるんでしょうか、、、想像がつきません。

これを機会にしっかり病院側と相談しようと思います。
2011/03/22 (火) 22:58:07 | URL | yany #aEmTB4nk[ 編集]
Re:家庭透析とライフライン
>山羊先生

ご指摘の通りで,近隣に透析施設が少ない場合はなお厳しいと思います。ハッキリ言って,後回しという事も。
幸い,私がお世話になっている施設(クリニック)では,早速,震災時(震度等,まだ具体的ではありませんが)には先ず連絡。場合によっては施設透析に移ると言うお知らせを戴きました。
2011/03/27 (日) 02:01:38 | URL | zero #aYDccP8M[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 透析生活20 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。