FC2ブログ
透析生活20
2008年7月から在宅血液透析を始めました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ボタンホール自己穿刺(自宅)
いよいよ自宅でのボタンホール自己穿刺。
病院のように、スタッフのサポートはありません。

万が一失敗しても、すぐに以前の血管に穿刺できるよう、普通のAVFニードルにも生食を満たしておきました。
また、以前の血管にユーパッチを貼っておきました。

まず、痂皮の除去から。
痂皮除去用にしているダルAVFニードルの先を使って引っ掻き気味に浮かせます。
痂皮が浮いたところに、毛抜きではさんで取ります。
これは、病院よりうまくいった感じです。
ここであたふたしたら、精神的に穿刺にも影響してきます。
とりあえず、第一段階はクリア。

A側の穿刺です。
入り口に無事に入りましたが、やはり一発では血管には到達せず。
しかし、2、3回動かすと、ストンと血管内に入りました。
チューブをつまんで、血液がきてるか確かめます。
いつも手こずっているA側が意外に簡単にいき、拍子抜けしました。
偶然だとは思いますが、、、

あとはV側の穿刺。
この箇所は病院でもうまくいっていて、ある程度自信があったのですが、やはり一人だと少し緊張しましたが、いつもと同じように血管腔内に落ちました。

用意していた普通のAVFニードルは使わずにすみました。

あとは通常通りの透析を開始。

透析後の止血もいつもはV側がなかなか止まらず心配していましたが、両方とも15分くらいでうまく止まりました。

予想していたトラブルもなく、病院よりよい出来に自分でも驚いています。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 透析生活20 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。