FC2ブログ
透析生活20
2008年7月から在宅血液透析を始めました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クラプトン&ウィンウッド札幌
今年最初のコンサート。
エリック・クラプトン、きたえーるにて。

ec_sw.jpg


私が札幌で見たのはこれで3回目です。

伝説のバンド「ブラインド・フェイス」の二人が日本で共演。

…といっても、私はこのアルバムほとんど聞いていませんでした。
ウィンウッドに関してもわからず、急きょアルバムを借り、前もって予習。

会場は前回のドームより規模は小さかったのですが、ほぼ満員。
アリーナ席、前から20列目で、それも真ん中で思ったより近かったので驚きました。

周りは結構年配のかたが多かったですね。
1曲目から、観客総立ちに。
えっみんな立っちゃうの?って、座ってたら全然見えなくなっちゃったので、結局アリーナ席の人はほとんど立ってたかな…


でも初めてみるウィンウッドの高音のボーカルもよかったし
クラプトンの渋い声もかっこよく、今回は特にギターに集中できたのか聞かせてくれたという感じがしました。
前回のドームが私はあまりにも印象に残っていないので…

昔から知っていたブラインド・フェイス時代の曲、「Presence of the Lord」。
ギターソロに入るところ好きなんですよね…鳥肌もんでした。

何回も聞いてる「Crossroad」ゆったりとした感じだけどやってくれました。

アコースティックの曲が5曲くらいあり、ようやく座ってしっとりと聞くことができました。
「Layla」はアンプラグドバージョン。
これももちろん良かったのですが、エレキバージョンも聞きたかった…

「Voodoo Chile」あれ、ジミヘンの曲をやっちゃうの?って感じでしたが、クラプトンのギター、胸にガツンと響きました。クラプトン節炸裂でした。


自分としてはクリーム時代の曲や最近の曲もやってほしかったと思いましたが…特に「Change The World」は聞きたかったなぁ。

でも、今回はドームとは違って音もよく感じて、とにかく私にとっては期待以上でした。

クラプトンもウィンウッドも年齢を感じさせなかったなぁ。かっこよかったです。

さあ、来月はエアロスミスだ。






スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 透析生活20 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。