FC2ブログ
透析生活20
2008年7月から在宅血液透析を始めました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
悪友集結
久々に養護学校高等部時代の友人と集まりました。

もう、卒業してからかなりの月日が流れてますが、
毎年のように、一人は入院していて集まれない状況が続き、なかなかみんなが集まる機会がありませんでした。

みんな、それぞれ違った病気を持っています。
「慢性関節リウマチ」、「バージャー病」という病気です。
その中に、「膠原病(SLE)」の友人もいて、いつも4人でつるんでいました。
その友人は、亡くなってしまったのですが、、、

学生時代は、病室が寮のような感じで、常につるんで病院から抜け出したりして、看護師さんをよく困らせてたなぁ。
また、バンドも一緒にやっていました。
リウマチの友人がドラム、ボーカル、バージャー病の友人がベース、膠原病の友人がベース、ドラム、ボーカルで、私がギター、ボーカルという感じで、お互いマルチにやってました。


慢性関節リウマチの友人は、若年性関節リウマチで、高校時代に人工関節を入れています。
数年後にその際に起こった細菌感染が原因で、何年も入退院を繰り返していました。
ようやく、改善され、退院することができました。
8月ごろ仕事に復帰ができるようなので、無理しないでがんばってほしいと思います。

一方、バージャー病とは、主に四肢の血管の血行不良により、手足に潰瘍ができ、最悪は切断手術が必要になってしまう病気です。
彼も、交感神経ブロックや交感神経節切除手術など、ありとあらゆる治療をしてきたのですが、なかなか思うようによくならず、何年も長期入院を繰り返しました。
しかし、最近新しい注射による治療を定期的にすることにより、足の潰瘍がほとんどなくなり、日常生活を送れるようになってきたようです。
就職活動をしていて、様々な資格に挑戦中です。

友人の奥さん、私の連れを含めて、5人で旭川にて飲みました。
退院したばかりの友人も、久々の居酒屋らしく、このときとばかり、たくさん食べて飲んでました。

私のHHDのことも、報告したら、興味深げに聞いていました。
以前の私も毎年のように入院してましたから、今の元気な姿に驚いていました。

お互い、学生時代に戻ったかのように、盛り上がり、話も尽きなく、まだまだ時間がほしかったです。
みんな、この調子で、元気でいてくれたら、、、、





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 透析生活20 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。